さかな君の講演会に行ってきましたϵ( ‘Θ’ )϶

東京海洋大学客員准教授、さかな君の講演会水環境学習セミナー

さかな君のギョギョッと霞ヶ浦のおさかなの話

自然の恵みを未来につなごう

に行ってきました!

f:id:Yamanao:20180317175908j:plain

つくば国際会議場が会場で建物に初めて入りましたが近代的でとても綺麗でした!

2階に大ホール会場あって、そこに子供から大人まで沢山の方が来ていました。

f:id:Yamanao:20180317180102j:plain

図鑑を持って来ている子や、さかな君と同じハコフグの帽子をかぶっている子もいて

皆さんさかな君が大好きで、講演を楽しみにしている感じでした。

小学一年生の息子も さかな君を尊敬していて(特に魚の絵が上手な所)

今日の為に魚の図鑑を読んだりして知識を増やしていました。

息子は昆虫好きで魚には そんなに興味がない感じだったのですが

さかな君に会えるとなったら、急に興味が湧いたようです(^o^)

受付をすると講演内容の資料などが配布されました。

f:id:Yamanao:20180317175925j:plain

スケジュール

f:id:Yamanao:20180317175947j:plain

さかなクンの講演は、80分間

最初から最後まで本当に楽しい時間でした!

テレビ番組で魚の話を熱弁する姿を見ていたので

大人向けかなと思っていたのですが

イラストを交えたり、さかなクン用語を使ったりして

霞ヶ浦に生息している魚や

水環境に関する大切なことを

子供にわかりやすく説明していました。

質問コーナーでも

「なんでハコフグをかぶっているんですか?」

「好きな食べ物はなんですか」

「なんでさかなクンなんですか」など

子供からの質問にも、丁寧にギャグ交えながら答えてくれて

小さなお子さん達も笑いながら、楽しく学習していました。

さかなクンが中学生の時、水槽があると思って吹奏楽部に入部したと

お話でもありましたが(笑)

キリン氷結のCMでサックスを吹いてる姿はカッコ良いですよね!

さかな君と言えば、私としては、

2006年12月 2日、朝日新聞掲載された

〈 いじめられている君へ 広い海に出てみよう 〉

というメッセージを贈った内容が、とてもステキで感動しました。

その内容は、

人間の世界とさかなの世界のいじめは似ている

という話です。

例えば、メジナは海の中で仲良く群れて泳いでいますが

せまい水槽に一緒に入れたら、1匹を仲間はずれにして攻撃し始めます。

けがしてかわいそうに思ったメジナを別の水槽に入れたところ

残ったメジナは別の一匹をいじめ始めます。

人間も魚も一緒で、助け出しても、また次のいじめられっ子が出てきますし

いじめっ子を水槽から出しても新たないじめっ子が出てきます。

広い海の中ならこんなことはないのに、小さな世界に閉じこもると

なぜかいじめが始まるのです。

大切な友達ができる時期、小さなカゴの中で誰かをいじめたり、

悩んでいたりしても、楽しい思い出は残らない。

外には楽しいことがあるのにもったいない。

広い空の下

広い海に出てみよう。

という内容でした。

と…脱線しましたが、今回のさかな君の講演は、親子で水環境問題について考える良い機会になりました。

読んでいただきありがとうございました(╹◡╹)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です