最近目覚めたCoffeeの魅力

手軽でママ友に好評!ネスレバリスタ

我家ではいつでも手軽にCoffeeが飲めるようにと

何年か前に

ネスレバリスタ

を購入しました。

ママ友が遊びに来た時に

セルフで好きな時に、好きなだけ飲めると好評でした。

コスト面でもとても経済的でオススメです。

f:id:Yamanao:20180321125951j:plain f:id:Yamanao:20180321135751j:plain

大人だけや、少人数なら

美味しいコーヒー豆を挽いて、ドリップしたいのですが…

小さな子供たちは走り回っていたりして

お湯を沸かすのも危ないですし

コーヒーを入れるのに時間をかけられないので

ママ友が子どもを連れて遊びに来たときは特に重宝しています。

また、遊びに来たママ友のお代わりのタイミングや好みも違って

モカやキャラメルやラテ等、好みもそれぞれなので

セルフで機械任せで、しかも、バラエティーに富んだ味が手軽に楽しめるのでオススメです。

使い捨ての紙コップやマドラーなら

その都度コーヒーカップを流しに下げなくてもいいので

何度も席を外さなくていいので便利です。

それに、食器を下げに来たママ友にキッチンを見られてしまうのは、ちょっと恥ずかしいですよね。

100円均一のセリア等に行けば、可愛いものが安く揃えられますよ。

 奥深いCoffeeの世界

今まではコーヒーに関して特にこだわりもなく

インスタントでも、美味しくコーヒーを毎日のように飲んでいた私ですが…

最近ちょっと知ってしまいました。

コーヒーの魅力を…

f:id:Yamanao:20180321235106j:plain   f:id:Yamanao:20180415112851j:plain

コーヒーって奥が深い。

今まではミルクたっぷりやキャラメルのトッピングで飲んだりしていたので

豆本来の味を楽しんだことなんてありませんでしたから…

旦那さんが、気になっていたカフェで手に入れてきたコーヒー豆で淹れてくれたコーヒーを飲んだ時は、「全然違う」って驚きました。(*゚∀゚*)

f:id:Yamanao:20180415113101j:plain f:id:Yamanao:20180415112920j:plain

いつもは私の飲み方に口出ししないのですが、その日はなぜか

「何も入れないでそのまま一口だけでもいいから、ブラックで飲んでみて」

と言われまして。

今回旦那さんが購入してきた4種類の豆は

独特な酸味や香りがあるものや

オーソドックスに苦味やコクを重視したもの等様々で、

上質なコーヒーは五感を楽しませてくれると言いますが、まさにそれです。

一杯のコーヒーで色々考えさせられてしまいます。

豆の産地や栽培方法、保存方法によって個性豊かなコーヒー豆を知ることができ

また、焙煎の仕方、豆の挽き方、抽出方法によっても

違った味が楽しめることを知りました。

f:id:Yamanao:20180322183432j:plain

万人受けする美味しいものというのは、

結局のところ全てが平均的なのだと思います。

コーヒーもブルーマウンテンは美味しいと言われていますが

それはきっと、酸味や苦味のバランスが絶妙によくて

誰が飲んでも、スッと受け入れられる文句なしの味です。

しかし、人それぞれ好みはあると思うので

酸味が強めでエキゾチックな香りが好きであったり、苦みが強いのを好んだり等

いろいろな個性を楽しめるのもコーヒーの楽しみの一つなのかなと思います。

コーヒーを飲む時

みんなが飲んでるからとか

人気があるからとかじゃなくて

自分の求めている味に出会った時には、感動があるのではないでしょうか。

コーヒーの奥深さに魅了されてしまうと思います。

私はまだまだ初心者ですが、コーヒーの魅力を知って

もっと知りたいと思い始めたところです。

喫茶店とカフェの違いについて

私の住む地方の田舎でも、お洒落なカフェが増えました。

本格的なコーヒーが味わえるカフェや

昔からあるような和み系の喫茶店があります。

インスタ映えするようなメニューだったり

店主が味にとことんこだわったコーヒーだったり

居心地の良さを売りにした癒しの空間だったりして

自分にあった好みのカフェ巡りをするのも楽しいものです。

ちなみにコメダ珈琲店やタリーズなどは車で30分

スタバは車で約1時間走らないとありません(^_^;)

そのせいかは、コンビニのカフェ(マチカフェ、セブンカフェ等)は

私の住んでいる地域でとても人気があります。

喫茶店とカフェの違いについて、ご存知でしょうか。

飲食店営業許可を取っているのがカフェで

喫茶店営業許可を取っているのが喫茶店です。

喫茶店営業許可の方が取得が楽ですが

アルコールや調理が必要な飲食は提供できませ。

また、茶菓や果物は出せますが、パスタやサンドイッチは出せないのです。

菓子製造業、アイスクリーム類製造業、あん類製造業などは

更に別の許可が必要になります。

取り扱う食品や内容によって

所得しなければいけない許可の業種が異なるので

製造、販売、食事の提供をする場合は、施設基準の確認をして

申請に必要な手続きを、事前に相談した方がいいです。

家庭菜園で作った野菜を売るのに許可はいりませんが

半分に切ったりすると、加工品として扱われ許可が必要になったり

ジャム、惣菜、漬物は

地域によって種類が違うので、自治体の許可をもらって届出が必要になります。

知らなかったという言い訳は一切通用しないので気をつけないといけません。

…ということを講習会で習いましたので、興味のある方は参考にどうぞ。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

2 件のコメント

  • この記事を読んで、昔はいろんなコーヒー豆などに興味があったのに、今ではなんの工夫もなくインスタントコーヒーを飲んでいる自分にきづきました。
    気が向いたらちょっとコーヒーに注目してみたいと思います!

  • めんおう様
    コメントありがとうございます!
    コーヒーは奥深いですね。毎日飲む一杯のコーヒーが楽しみになっています。
    めんおうさんのブログいつも拝読しております。
    私の主人の考え方とめん王さんの記事の内容が重なる事が度々あり、どれもこれも思慮深く大変勉強になります。主人もやりたい事があり、自分の生き方を選択したいと、日々公務の仕事を続ける事に悩んでいます。
    これからも楽しみに読ませて頂きます。
    どうぞよろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です