「普通の子に育てたい」育った境遇に作られた深層部に従っていた私

普通の子

「今日の〇〇ちゃん、普通の子みたいでしたよ♪」

以前、嬉しい報告として言ってもらえることが何度かありました。

私にとっては嬉しい褒め言葉です。みんなと同じように出来たんだなと…。

普通の子に普通の子と言ったら褒め言葉にはならないはずです。

世間で普通と言われること(定型発達の子の平均数値)が軽度発達障害の娘にとっては満点と評価されていることに違和感を感じつつも、普通と言われることに喜んでしまっていました。

こんな感じで、母親の私でさえも普通とは違う感覚を持った娘を偏見の目で見ていたのかもしれません。

旦那さんに

「子どもは無限の可能性があるだろ、まだ生まれて6年しか経ってないのに何がわかるんだよ、好きなことを伸ばしてあげよう」

と言われたことで、普通と違う、他の子と違う、ということを劣等感ではなく特性と思えるようになりました。

実際、文字の読み書きや伝える力、運動面は平均より劣っていまが、とても優しい性格で得意なこともあります。

その得意なことを伸ばしてあげる。それは、生きていく上で一番大事なことだと思います。

好きと得意は違いますが、娘がイキイキと楽しく毎日過ごせるように親として出来るだけのことを支援していきたいと思っています。

エールをいただく

初対面の方に

「お母さん大変ね。今、多いんだってね発達障害。ただ頭が悪い子だっているのにね。今は何でも病名ついちゃって可哀想ね。昔もいたのよ。子供は勝手に育っていくから。手がかからないのはさみしいものよ。大変でも今が一番楽しい時なんだから頑張って。」

…と言った感じのエール?をいただくこともあります。

無意識に出た言葉、悪気のない言葉は、知らない間に相手を傷つけてしまうこともあります。言った本人は善意で発言しているので自覚がありませんから、何とも言えない気持ちになります。

誰が悪いとかではなく、問題は言葉を受け取った私にあります。こんなささいな言動に引っかかってしまう小さな自分。優しい言葉も素直に受け取れない自分にあるのかもしれません。

自分自身を三歩くらい下がって斜め後ろから第三者の目で見れるようなイメージで、無駄な感情に流されずに、プラスにとらえていきたいと思います。

長所を伸ばすしかない

私も旦那さんも、娘のことを考える時はいつも

「娘にとって何が一番幸せなんだろうね」

と考えます。

答えは難しいようで、簡単かもしれません。

無意識のうちに「普通にしよう」、「普通になるためには」と、何とか娘を「普通」にしようとばかり考えていた節がありました。

しかし、嫌いなことや苦手なことを普通のレベルにするより、得意なことを伸ばしてあげる方が遥かに簡単な気がします。

そもそも「普通」って何でしょう。平均点数をとることでしょうか。

「普通の子」って何でしょう…。考えれば考えるほどわかりません…。

娘は読み書きは苦手でも絵を描くのは結構上手だったり、縄跳びなどの全身を使った運動は苦手でも、手先を使って遊ぶ粘土やビーズは得意だったりと、よく観察していると娘の小さな特技?みたいなものを発見できます。

f:id:Yamanao:20181209112732j:plain

長男に対してもそうですが「95点」のテストの答案用紙を渡されて、私が最初に見るのは間違えたところです。どうしても正解したところより間違えたところに目がいってしまいますが、褒める(頑張ったことに対して認める)ことが得意なことを伸ばすという意味では一番効果があると思います。

「こんな難しい問題よく解けたね、すごいじゃん」と褒められた後の息子は

「俺、もっと難しい問題解けるし!」

と学校ではまだ習っていない問題を解いて得意げに見せてきます。やはり子供は褒めて伸ばすのが一番なのかなぁと思うこの頃です。

時には「よく頑張ったね」で終わりにしてはいけない時もあると思います。

頑張ったけど間違えた、練習したけど成果が出せなかった等、努力したけど報われなかったという時には、一緒に頑張り方を見直して再チャレンジすることが大事だと思います。

例えば、スポーツでも鍛えるところを間違えると、努力した成果が半減してしまうと思うのです。同じ筋肉を鍛えるにしても用途によって様々ですよね。ムッキムキのボディビルダーがフィギュアスケートの選手などにはいませんよね。

羽生弓弦選手の練習内容とボディービルダーに必要な練習内容は違いますし

どちらのアスリートも勝つための「適切な努力」をしているのだと思います。

娘の場合は「得意を伸ばす、増やす」に重点を置いていますが

息子の場合は「視野を広く自由な発想で考える

という夫婦で話し合って決めた子育て方針があります。

なので、まずは自分の実力と失敗(負け)を認めることで成長できる、ということを息子には学んで欲しいと思っています。得意なことも苦手なことも逃げずに向き合って自分には不得意なことでも、やりたいことや好きなことをするために必要なになるであろうことは努力して習得すべきと教えています。

娘は、周りの子に比べると動きも言葉も遅く、よく言えば明るいマイペースな子ですがマイナスに捉えるなら、知能が低い幼い子といった感じです。今のところお友達との大きなトラブルは一度もありませんが、間違え方も毎回かわいいので、世間でよく言われる「こんな可愛い時期は今だけだよ」の時期が長く続いているようなそんな感じです。

娘「ねこは英語でキャットっていうんだよー」

私「よく知ってるね。じゃあ犬は何ていうか知ってる?」

娘「ワン♪」

……(*´∇`*)

娘の思考回路

「お菓子が1つしか無い時どうする?」の質問に

半分こするとかジャンケンして勝った方とかそういう考えはなく

迷わず「買うw」と答える娘。

色々考えて欲しくて

「お山の上でピクニックしてるから買いに行けないの。どうする?」

とさらに条件をつけて質問をすると

「電話して買って来てもらうw」と。

さらに「電話できないの」と言うと

「じゃあ、早く帰って食べるw」…。

こんな思考回路なのです。

同じ質問を息子が3歳の時の答えが

「これは俺のだ」です。これはこれで問題で…( ´△`)

そのあと「しょうがないから半分やる」と上から目線で答えてますし。

そのお菓子がお友達のだったら、というパターンでは見事に下手に出て

「俺にもちょうだい、お願いします」と言っていました。

持って生まれた性格は環境で変わることも少しはあるかもしれませんが、根本的なものは変わらないのかなとも思ったりします。

これまで周りの目や意見を気にして生きてきた習慣が、自分と娘と他人が築く環境の中で、いかに無駄なことだったのかがわかってきました。自分勝手にやるのではなく、また、ただ人の考えを聞いて自分も真似するのではなくて、自分で考えて行動することの大切さを子どもを通して気付かされました。

療育手帳を取得するにあたって

幼稚園に毎日元気に通う年長さんの娘6歳。

言葉の遅れから理解力が低く2歳の頃から医療機関や教室に通い療育を受けています。

診断名は軽度発達障害です。(発達検査はK式、田中ビネー)

来春の小学校入学を控え、この度、療育手帳を取得することになりました。

療育手帳は生活の面でメリットがたくさんあります。

税金の控除や公共施設の利用が無料だったり、付添い人も同様に受けられるサービスがあります。

メリットしかないはずの療育手帳ですが、取得にはとても迷いました。

手帳を持つことによって娘に障害があることを周りの人に伝えなければいけない義務みたいなものを感じていましたし、なにより私(親)が娘の障害をなかなか認めきれなかったところがあります。そして世間様に申し訳ない気持ちもありました。

娘は他人に迷惑をかけるというような自傷行為や他害はなく、普通に生活している分には特に困った性質は持っていませんが、自分の用件をうまく伝えられずに困るといった知的の遅れを伴ったコミュニケーションの問題が一番の問題です。

親は娘の成長に焦りまくりですが、娘本人はまったく焦っている様子はありません。

ゆっくりと娘の成長を見守って、好きなことを伸ばしてあげようと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

2 件のコメント

  • 発達障害者は、自尊心が低い方が多いと聞きます。集団とのズレを強制されていく育ちの中で、そうなるのかも知れません。
    私も発達障害ですが、母は「貴女の個性だから。貴女は天から才能をもらった」という、育て方をしてくれたので、いろんなことに興味を持って生きてくる事ができました。自分では、発達障害の特性に引け目を今まで、感じずにいました。
    今回、息子のことで「発達障害の検査をしては…」と助言をされたのですが、子どものことになると別の話で、医療機関を受診する気になれません。今も悩みの中にいます。療育手帳の有難さわかるけど、踏ん切れません。長文ごめんなさい。

  • 岡本 花子様
    コメントありがとうございます。
    素敵な言葉ですね(^-^)
    私も「個性」を大切に育てていきたいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です