DIYで収納付きキッチンテーブル?を作ってみました

f:id:Yamanao:20190429115849j:plain

キッチンテーブル風の机を作ってみました。

f:id:Yamanao:20190424220336j:plain

引き出しは前後に8箇所付いていて、全部で16箇所の引き出しがあります。

この引き出しを作るのが一番大変でした…。

倉庫に余っていた厚さ12㎜のコンパネ等を使用して組み立て、ヤスリ(180番)をかけてから、表面のみVintage Wax(ウォルナット)を塗った後、ニスを塗りました。

インパクトドライバーで木ネジを打ち込んでいきます。

f:id:Yamanao:20190429125508j:plain f:id:Yamanao:20190429130508j:plain

インパクトドライバーに10㎜のホールソーをセットして、木ネジを打ち込む場所を5㎜程度掘っていきます。

ホールソーで掘った場所に木ネジを打ち込みます。

f:id:Yamanao:20190429130832j:plain f:id:Yamanao:20190429131242j:plain

木ネジを打ち込んだ後、ホールソーの穴を埋めます。

直径10㎜の円柱の棒をノコギリで短く切り、木工用ボンドを塗布して埋めていきます。

木ネジが直接見えずに、イイ感じ。

f:id:Yamanao:20190429134145j:plain f:id:Yamanao:20190429134217j:plain f:id:Yamanao:20190429134103j:plain

※倉庫の棚に1×4の板を張った時の写真です⇧

f:id:Yamanao:20190424220324j:plain

テーブルの材料は…

まず、こちら(赤松集成材)が使用した天板になります⇩

ヤスリ(180番、1500番)をかけてから、Vintage Wax(エボニーブラック)を塗って、ニスを2度塗りしました。

f:id:Yamanao:20190424220458j:plain

赤松材は4つ角の縦の柱や引き出しの間の柱などに使用しました。

見えないところは安い材料で仕上げます。

f:id:Yamanao:20190424220438j:plain

余っている材木で組んだ骨組み。

f:id:Yamanao:20190429125033j:plain
テーブルの側面の材料です。

f:id:Yamanao:20190424220416j:plain

適当な長さに切った1×4の板を木ネジでとめていきます。

f:id:Yamanao:20190429124904j:plain

テーブルの土台の部分の材料です⇩

f:id:Yamanao:20190424220427j:plain

テーブル側面の塗装は、Vintage Wax(ウォルナット)で仕上げました。

f:id:Yamanao:20190424220404j:plain

材料

赤松集成材 1820×910×20(天板)

コンパネ 数枚(引き出し)

2×4 6フィート 4本(土台部分)

1×4 6フィート 8本 (机側面)

松 30×40 6フィート 1束6本 (机の骨組み)

使用塗料等

Vintage Wax ウォルナット(側面など)、エボニーブラック(天板)

ニス ワシン半艶透明

費用

ホームセンターコメリ、ビバホームにて材料費3万円程度

使用道具

f:id:Yamanao:20190424220355j:plain

基本的に写真の道具があればできますが…

丸ノコ

サンダー

等の機械があると、作業は格段にはかどります。

皆さんのDIYのヒントになればと思います。

それでは、また…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です